スターウォーズフィギュアが好き!レビュー本日購入したスターウォーズフィギュア ストームトルーパー2

レビュー

ストームトルーパー2です。

ストームトルーパー201




フォースの覚醒から登場する敵軍隊、ファーストオーダーに属するストームトルーパーで、正式(?)にはファーストオーダーストームトルーパーと言うのが正解らしいのですが、商品名がストームトルーパー2だったので、ブログのタイトルもストームトルーパー2にしました。
ちなみに、なぜ「2」なのかと言うと、どうやら付属品の違いによってナンバリングされているらしく、フィギュア本体は同じで付属品違いと言う商品が存在する様です。

因みに、このフィギュアは2015年のフォースの覚醒シリーズの日本版です。







ストームトルーパー202






ストームトルーパー203




旧三部作に登場したストームトルーパーのリデザインとでも言いましょうか、更に現代的にさせた印象です。
上手い具合に旧ストームトルーパーの要素を配してるのがわかりますね。
背中の○IIのモールドも、ちゃんと旧ストームトルーパーから引き継いでますね。


アップ

ストームトルーパー204




パッと見の印象としては旧ストームトルーパーと、それほど違わない様に感じるファーストオーダートルーパーですが、実は結構大胆なアレンジが施されているのがわかります。
デザイナーさん、苦労しただろうなぁ。


付属品

ストームトルーパー205




ブラスターと例の謎のハズブロオリジナルの合体メカが付きます。
こんな謎のメカをつけるくらいなら、劇中でも目だっていた「トンファー」を付けて欲しいところではありますが、あれはあれで別商品としてリリースするんでしょうねぇ。


ブラスター装備

ストームトルーパー206




ブラスターは旧トルーパーのものとは大きく印象が異なります。
旧トルーパーのブラスターは黒一色だったのですが、ファーストオーダーストームトルーパーのブラスターは白が基調になっています。
やや垢抜けた感じでしょうか?


アクションポーズ

ストームトルーパー207




カイロ・レンのところでも言いましたが、このシリーズ、可動が一昔前の仕様に戻っています。
つまり、首、肩、大腿のみしか可動箇所がありません。
あ、只、首だけは何故かボールジョイントなので、視線だけはフレキシブルに決められます。
意味ねー!!

まぁ、全てのフィギュアをフルポーザブルにする必要はないとは思うのですが、この手のアクション要素が多いキャラはフルポにするべきですよね。


先輩と

ストームトルーパー208




旧ストームトルーパーと並べてみました。
上述した通り、結構な部位に違いがある事が見てとれます。
ちなみに写真の旧ストームトルーパーはフルポーザブルのスペース・トルーパーです。


ブラスターを小脇に抱え

ストームトルーパー209




やっぱりトルーパーと言えばブラスターの両手持ちです。
是非ファーストオーダーストームトルーパーにもブラスターの両手持ちをさせてやりたい!
トルーパー系のフィギュアはフルポーザブルの多大なる恩恵を受ける代表的なキャラだと言う事がわかります。


ヘルメットの着脱

ストームトルーパー210




ヘルメットの着脱も、もちろんありません。
いや、やれば出来るはずなんですよ、ハズブロは。
でも今回のシリーズはアクション要素は徹底的に廃している様で、過去に出来た事を一切やっていません。
折角劇中でもフィンがヘルメットを取るシーンがあるのにねぇ。


上司命令を無視するトルーパー

ストームトルーパー211




フィンをはじめとして、フォースの覚醒ではトルーパーの個性が強調されていたと言う印象があります。
カイロくんの呼び出しを無視したり、裏切り者のフィンを執拗に攻撃したりと、比較的無機質だった旧三部作のストームトルーパーとは趣が異なる様ですね。
又、ストームトルーパーのアーマーの性能の低さもバッチリと踏襲していて、紙の様な防御力でバッタバッタと倒される様や、毒ガスを防ぐことが出来ない飾りの様なヘルメット等、もはや、何が故にアーマーを纏っているのかと言う疑問が生じる程の低性能振りは健在でした。

あ、そうそう。
フォースの覚醒のトルーパーのネーミングについて、若干物申したい部分があります。
旧三部作のトルーパーは、冠になる部分の単語のイニシャルが必ず「S」だったんですよ。
ストーム、スノー、スペース、サンド、スカウトとね。
でもフォースの覚醒ではフレイムが出てきます。
フレイム、「F」やんけーーーー!!
他のネーミングは思いつかなかったのか?!
でも、炎系の単語だとSにはならないよなぁ。
だったら武器を電撃系にすればよかったのでは?
それならスパークトルーパーとかに出来たのに!!
って、そんな事に拘ってるのって、僕くらいかなぁ…。








スポンサードリンク


<<本日購入したスターウォーズフィギュア カイロ・レンスターウォーズフィギュアが好き!のトップへ本日購入したスターウォーズフィギュア PZ-4CO>>

コメント一覧

    • 1. KP
    • 2016年05月27日 13:38
    • 5 オーガナ様

      ご存じかもしれませんが、トンファー付きは既に発売されてます。しかもトルーパー7種セットの1武装違いにトンファー&盾付きがいます。酷な売り方で焦ります。勿論、日本未入荷です。

      レッドマーキュリーさんに聞いたのですが
      可動については、あくまで第1作目のシリーズのオマージュ?リスペクト?でハズブロはわざとやっています。
      それと可動フィギュアはコストがかかるので低価格帯に抑えられないので止む無しなわけです。可動フィギュアが欲しいなら6インチを買ってくださいって意味合いみたいです。
      とか、いいながらブラックシリーズとしてフルポなトルーパーも出しましたね。日本発売も決まりました。当初は日本発売はないと、酷な価格でした。アソートもわざと減らして?レア化が進んでたようです。やっぱりトルーパーは並べたいですもんね。悪意を感じます。

      ベーシックもいつまでやるか分かりませんが、やっぱりBB−8やR-2の単品発売がないのはおかしいです。これにもカラクリがあって、市場に出回るBB-8やR2はその商品数が無数にあります。単にフィギュアを出してしまうとそれを買って、他は見向きもしなくなると困る的な考えがあるようです。
      わけのわからない武器もプレイバリューを持たせないと企画承認がおりないらしいです。アメリカらしい。
      コアなキャラチョイスは相変わらずハズブロだなーと思わせますけど・・・
    • 2. オーガナ(管理人)
    • 2016年05月27日 15:19
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      近年のフィギュアの流行が1/12、即ち6インチなので、ハズブロとしてもそちらに力を入れたいのだろうなぁとは想像に難くないですね。
      又、上手に6インチにラインナップいを以降できれば、3.5インチで既発売のものも再度6インチとして発売できるって言う魂胆もあるのかも知れませんね。
      しかし、同スケールのライバルとしてバンダイがいるのはハズブロにとっては脅威ですよね。

      KPさんの仰るとおり、今作に於けるハズブロのフィギュアのラインナップの仕方には、やや作為的なものを感じます。
      BB-8やR2も仰る通りですし、ルーク、レイア、ハンを積極的にラインナップに加えないのおおかしいですからね。
      玩具メーカーも色々大変なんでしょうね。
    • 3. KP
    • 2016年05月29日 10:25
    • 5 オーガナ様

      年末くらいにEP7版のルークでるみたいですよ。ブラックシリーズですけど。
    • 4. オーガナ(管理人)
    • 2016年05月29日 13:29
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      ハズブロの迷走ぶりが伺えます。(笑)
      完全に機を逸している感がありますねぇ。
    • 5. KP
    • 2016年05月30日 01:53
    • 5 オーガナ様

      いやいや、
      ローグワンと絡めてきますって
      魂胆が見えます。
    • 6. オーガナ(管理人)
    • 2016年05月30日 15:18
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      なるほど。
      ローグワンに合わせた方が旧主人公たちは効果的かもしれませんね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ブログ管理人オーガナ
ツイッター
ツイッターをやってます。
ブログの更新情報をつぶやいたりしてます。
別館 スターウォーズプラモを作ろう!
最新記事
最新コメント