スターウォーズフィギュアが好き!レビュー本日購入したスターウォーズフィギュア カイロ・レン

レビュー

カイロ・レンです。

カイロ・レン01




フォースの覚醒から登場する新たなる敵役と言う事で、ファンの期待を一身に受けて鳴り物入りでデビューしたカイロ・レン。
劇場公開も終了したと言う事なので、多少のネタバレを含みつつフィギュアのレビューをしてみたいと思います。
因みに、このフィギュアは2015年のフォースの覚醒シリーズの日本版です。





カイロ・レン02






カイロ・レン03




全体的に、ほぼ黒一色である事と僕の写真撮影技術が低い事が相まって、コントラストがはっきりしませんが、従来のスターウォーズフィギュアを継承し、とてもよく出来た造形のフィギュアです。
カイロ・レンことベン・ソロことアダム・ドライバーの細身で長身の身体も上手に表現出来ているのではないでしょうか?


アップ

カイロ・レン04




多分、覆面忍者がモチーフになってるんじゃないかな?
ベイダー卿の兜、モール卿の隈取等、日本的な要素が取り入れられている歴代のシス卿の伝統を受け継ぎ、彼の井出達も、どことなく「日本」を連想させてくれますね。


付属品

カイロ・レン05




彼の持つ特徴的なライトセイバーと、あと、何やら謎のハズブロオリジナルの合体メカが付きます。
しかし、ハズブロも色々考えているんでしょうけどねぇ。
この謎のメカ、他のフィギュアに付属するものと合体させる事で一様の形になるらしいのですが、その完成形も何だか意味不明なモノで、正直誰も喜ばないんじゃないかな?
歴代のオマケで一番有り難味が無いと言うかなんと言うか…。


可動範囲

カイロ・レン06




えーっと、本シリーズでの最も納得いかないところ。
それがコレです。
本フィギュアの可動箇所は、頭、肩、大腿部のみです。
つまり、昔ながらのハズブロのフィギュアの可動が採用されているって訳です。
これはガッカリしたファンも少なくないんじゃないかな?
フルポーザブルに慣れてしまった身としては物足りないったらありゃしない。
更に言えば、近年のハズブロのスターウォーズフィギュアの仕様なら、マスクも着脱式になってたはず。

どうした?ハズブロ!
調子出ないのか?ハズブロ!

なめてんのか?ハズブロ!


謎の拘り

カイロ・レン07




可動と言う意味では明らかに退化してしまった本シリーズ。
ですが、造形自体はそれなりに拘っている様で、写真の通り、可動させた際に見えるカイロくんの脚もしっかりと造形されています。
うーむ、拘りどころがマニアックすぎるぞ!


十字型のライトセイバー

カイロ・レン08




カイロ・レンと言えば、その特徴的な十字型のライトセイバーが印象的です。
なんでも設定では、彼のライトセイバーは安定していない為に、光刃がヌラヌラと光るそうで、つまり、彼の持っているライトセイバーは欠陥品って事なんですかね?
そう言えば、フィン&レイとの戦いの際、ルーク(アナキン)のライトセイバーを欲しがっている様にも見えました。
って言うか、普通のライトセイバーを作ればいいんじゃないか?カイロくん?
あ、あと、個人的には劇中のカイロくんのライトセイバーのヌラヌラ光る様は結構好きです。


焼けたベイダー卿のマスク

カイロ・レン09




えーっと、コレは僕が勝手に作ったものですので、フィギュアには付きません。
フィギュアの仕様があまりにも淡白だったので、彩りを増やそうと思って作った次第です。


じいちゃん、俺、じいちゃんみたいになるよ!

カイロ・レン10




シリーズ初のグランドファザコンキャラであるカイロくん。
ベイダー卿がやろうとした事を成し遂げると息巻いています。
って言っても、劇中、ベイダー卿が明確に「コレ」と打ち立てた野望って、自らの帝国を作るって事だと思うんだけど、つまり、カイロくんもカイロ帝国を作りたいって事でいいのかな?
あと一応「愛するもの(や人々)を死から救う」とか「最強のジェダイになる」とか、他にも色々と目標を掲げていたのだけど、それらは関係ないのかな?


癇癪持ちのカイロくん

カイロ・レン11




巷では結構辛辣な批判を受けているカイロ・レンくんですが、僕はフォースの覚醒に登場したキャラクターの中で、ブッチギリで彼が魅力的なキャラだと感じています。
なんだったら、ハンやチューイ、レイア、そしてルークと言った旧キャラや、フィン、レイ、そしてポーと言った主人公すら霞んでしまう程、彼のキャラは立っていたと感じていると言っても過言ではありません。
って言うか、個人的には、彼のキャラ設定はフォースの覚醒の中で最も練られていると言う印象を得ましたし、彼こそが今三部作の物語的なギミックの中枢を担っているキャラなのではないかと思えてなりません。
ただ、「ああ、これは失敗だなぁ」と思えるシーンが若干存在するのも事実で、又、その要素が結構致命的な作用を作劇に及ぼしている様にも感じるのも事実で、逆に言えば、それさえ無ければ実に深みのあるキャラとして観客に伝わったのではないかと思うと残念でもあります。

先ず前提として、今回のカイロ・レンと言うキャラですが、本来、圧倒的に発展途上なキャラとして観客に見せたかったはずのキャラで、それは劇中の彼の体たらくを見れば誰でもが感じるはずですよね。
なので、演出としても、徹頭徹尾、未熟さをアピールしていれば良かったはずです。
が、何故か、物語冒頭で大活躍してしまいます。
それはもう、度肝を抜くほどに。
嘗て、ジェダイもシスもやった事のない大技、即ち、フォースによる光弾止めをやってのけ、然る後に、無慈悲にも人を斬り捨ててしまったりと、圧倒的な存在感を物語早々に惜しげも無く醸し出します。
あのシーンだけを見れば、従来のシスと比べても何ら見劣りする事が無いどころか、或いは、史上最強にすら見えるのですが、実際はそうでは無いと言うのは映画を観た人なら誰もが知る所ですよね。
そもそも、何故、ヘタレキャラとして描く意図のあるカイロくんに、冒頭で圧倒的な見せ場を作ってしまったのか?
甚だ疑問です。
あのシーンのお陰で、「ああ、カイロ・レンって、スゲー強くて悪いやつなんだな!」って印象を観客が強く持ってしまうが故に、物語を追う毎に彼のキャラに幻滅してしまうと言う現象が起こってしまう訳です。
つまり、その後の彼の数々のズッコケに観客の感情が付いていかなくなってしまうんですよね。
何故、あのシーンで、せめて光弾の1発や2発くらい被弾させないかなぁ?
被弾した体を引きずっての強がりついでに「ダークサイドを見せてやろう!」だったら、彼のキャラの在り方に一本しっかりした軸が通るのになぁ。

次にマスク。
おじいちゃんに憧れているカイロくん。
おじいちゃん風の黒いコスチュームを着る迄は全然オッケーです。
でも、マスクを着用するには、やっぱりそれなりに理由が欲しいですよね。
せめて、顔に大きな傷でもあればよかったのに…。
顔に負った傷を隠す為に被っているのだったら、途中で何回マスクを脱いでも説得力があると思うのですけどねぇ。
あれだと全くマスクを被る意味を見出せないから、只のコスプレくんに見えちゃうだよねぇ。
実際、最後のデュエルシーンでは一切マスクしてないし…。

と、個人的には、この二つの要素だけ、もう少し工夫してあげれば、彼のキャラはより一層輝きを増したのにと思えてなりません。
何しろ今回のカイロ・レンと言う悪役ですが、彼は決してダース・ベイダーやダース・モールの如き絶対悪ではありません。
寧ろ、彼こそが本シリーズの主役なのではないかと言う見方を僕はしています。
なぜならば「半人前にして苦悩を抱える」と言う意味では、立ち居地こそ善側と悪側との差があるにせよ、彼こそが最も従来のスターウォーズの主人公を継承しているからです。
従来の「悪に抗う主人公」に対し、今作は「善に抗う主人公」と言う構図ですね。
これは勘ぐり過ぎかも知れませんが、或いは、レイが主人公だと言うのは壮大なフェイクなのではないかとさえ思えてしまいます。
ともあれ、この構図が今後2作で上手く作用するか否かは別として、これは中々斬新な切り口だなぁと関心してしまいました。
これまでのスターウォーズの主人公は「放っておけばダークサイドに堕ちる」危険性を抱えていたのに対し、カイロことベンくんは「放っておけばライトサイドに堕ちる」って性質の持ち主な訳で、そう考えると、彼、猛烈にイイ人なんですよね。
で、おそらくはスノークに操られて今の状態になっている訳ですから、第三者によって、そのタガが外れれば、それはそれは善人の塊みたいな人になるのではないかと。
そう言う意味を含めて、レイが主人公と言うのは観客に対するミスリードなんじゃないかって勝手に思っているのですが、まぁ、あくまでも僕の勝手な予想と言う事で…。

又、彼の癇癪のシーンも個人的には大好きだなぁ。
感情の起伏に伴う破壊的行動と言い、弱者に対して優位にあろうとする姿勢と言い、まるで思春期の少年の様に激しく葛藤する様は、ルークやアナキンとは又違う「青春」の在り方を見ている様に感じます。
アメリカの青春映画にいるよね、ああ言うタイプ。(笑)

そんな訳で、今後のベンくんの益々の活躍に大いに期待したいと思ってます。
って、全然フィギュアと関係ない話になっちゃったぜ…。
これじゃ、レビューじゃなくてコラムだ。
光の誘惑のせいだ…。









スポンサードリンク


<<本日購入したスターウォーズフィギュア トリン・ファースターウォーズフィギュアが好き!のトップへ本日購入したスターウォーズフィギュア ストームトルーパー2>>

コメント一覧

    • 1. KP
    • 2016年05月26日 19:01
    • 5 たしかにコラムですね。

      この小物は作ろうとは思いませんでした。
      さすがです。
    • 2. オーガナ(管理人)
    • 2016年05月26日 21:03
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      ついつい調子に乗ってしまって長文になってしまいました。(^^;

      おじいちゃんのマスクはベイダーフィギュアの顔をお湯丸で型とってエポパテで複製した後、テキトーに歪ませて着色したお手軽仕様ですので、全然さすがじゃないですよ。(笑)
    • 3. KP
    • 2016年05月27日 00:22
    • 5 オーガナ様

      いやいや
      着眼点が流石です。

      ベンくん、衣装替えの噂ありますね。
      なんか重そうでしたし
      亀仙人効果でもあるんでしょうか?

      ローグワンのが気になります…(笑)
      世代的には
    • 4. オーガナ(管理人)
    • 2016年05月27日 01:28
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      あー、そうかもしれない。>亀仙人効果
      そういえば、劇中、ベン君がマスクを脱ぐシーンで、やたらと重たそうなところがあった気がします。
      現実に例えれば鉄ゲタみたいなものかも知れませんね。

      僕もローグワンが楽しみで楽しみで・・・。
      予告映像が燃えますよね!
      AT-ATとか。
    • 5. KP
    • 2016年05月27日 10:17
    • 5 オーガナ様

      でも、フォースで軽くなるように
      コントロールしてるかもですけど・・
      そしたら効果は得られませんけど

      ベンのゆかいな仲間たち?の動向も気になりますけど、ファズマにも活躍して欲しいです。

      ローグワン予告
      シビルウォーの映画において、大画面で見ましたが迫力が違いましたね。
      アストロメク確認出来たんで良かったです(笑)
      簡易AT−ATですかね。
      生身で向かっていってるように思えましたが、無理ありますよね

      なんで女性を主人公に持ってくるんですかね?
      男臭い。泥臭い映画希望なんですが。
      敵の設計図かっぱらってくる話なんですから
      ラストカットはR2にデータインストールして終わって欲しいです。
    • 6. オーガナ(管理人)
    • 2016年05月27日 15:10
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      AT-ATは、あの型はあの時代にはないはずですね。
      前期型とか?
      まぁ、反乱者たちにもAウィングが出てたりと、若干の設定無視がある様なので、気にしちゃ駄目なのかもしれませんね。

      女性主人公に関しては、僕もそう思います。
      フォースの覚醒にしろローグワンにしろ、女性が主人公ですが、僕的にはやっぱりスターウォーズは男性が主人公であって欲しいと思ってしまいます。
      あれですかね?
      ディズニー的にはヒロインを増やしたいって思惑があるんでしょうかね?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ブログ管理人オーガナ
ツイッター
ツイッターをやってます。
ブログの更新情報をつぶやいたりしてます。
別館 スターウォーズプラモを作ろう!
最新記事
最新コメント