スターウォーズフィギュアが好き!レビューフォースの覚醒を観た感想 その2(極力)ネタバレなし(但し超長文)

レビュー

フォースの覚醒を観てから時間が経過したので、落ち着いた状況で、もう一度感想を書いてみたいと思います。
映画を観た後、そこはかとない違和感を感じてしまったと言うのは前回の記事フォースの覚醒を観た感想 (極力)ネタバレなしでも書いた通りなのですが、今回は、では何故その「違和感」を感じてしまったのかと言う部分にフォーカスして書いてみたいと思います。
又、僕自身がどう言う立ち居地で感想を言うのかと言うのも重要かもしれませんので、やや長めではありますが前置きを書きます事をご了承の程を。



僕はスターウォーズが大好きです。
そりゃそうです、こんなブログをやってるくらいですから。(笑)
スターウォーズが好きだと言う人は世の中に大勢いますので、そんな中で僕がどれ位スターウォーズが好きなのかと説明するのも難しいところではあります。
又、世の中にはマニアと言われている猛者も多くいらっしゃいますが、僕程度が、そんな超ディープなスターウォーズマニアの方々の足元にも及ばないのは理解しています。
とは言え、ライトなファンかと言えば決してそんな事もなく、映画の鑑賞回数やグッズ等の所持数を考えれば、一般的な(ライトな?)ファンに比べると、それなりに深みに嵌っているのも又事実です。
なので、そこらへんを鑑みると大ファン位であるとは断言できます。
或いはややマニア寄りの大ファンと言ってもいいのかも知れません。

又、世間では酷評も多々あった新三部作ですが、僕はオールオッケーな人です。
そりゃ、突っ込みどころが満載なのは認めますが、それを含めてオールオッケー。
みんなの嫌いなジャージャーも僕は好きです。(笑)
ひっくるめてスターウォーズだと思っているので、そう言う意味では実に寛容な、或いは能天気なファンだと言ってもいいでしょう。
唯一、エピソード2に対してだけは、ややネガティブな感情を持っていますが、まぁ、そこらへんは今回のお話に関係ないので割愛します。
と、まぁ、そんな僕なので、例え従来とは違ってディズニーが作るスターウォーズであったとしても、僕的には全くなんら問題ないと言うスタンスで「フォースの覚醒」の公開を迎えました。
要はスターウォーズをスターウォーズとして楽しむ事が出来ればいいのですから、やれ「製作がどこだ」とか「監督が誰だ」とかは、作品を観る上では、それ程大きなファクターではないと感じているからです。

今回の一大事であるスターウォーズがジョージ・ルーカスの手を離れると言う事に関してですが、実は全く抵抗感がありませんでした。
純粋に作品に対する期待と言う意味では、寧ろ、心配は皆無だったと言うのが正直なところです。
理由はいくつかあります。
先ず、ディズニーは作劇が非常に上手であると言う事は従来のディズニー作品を観れば明らかだし、そう言う意味では僕はディズニーと言う会社が生み出す映画を大変信頼しています。
又、本編ではありませんが、連続CGアニメの「反乱者たち」は、それこそジョージ・ルーカスの手を離れてディズニーが製作したスターウォーズ作品な訳ですが、僕自身は「反乱者たち」が大変に面白いと思っていて、毎週の放送が非常に楽しみだったりします。
つまり、「フォースの覚醒」公開前の段階で既にディズニーの作るスターウォーズの実績を見ている為、何の心配も無いし寧ろ大いにウェルカム。
まぁ、要するに、そんな心情で実際にフォースの覚醒を観た訳ですが…。


長かったですが、ここまでが前置き。
僕の立ち居地だとしておきます。


最初に言っておきます。
世間の高評価とは異なり、僕自身は「フォースの覚醒」には結構な違和感を感じてしまいました。
ただ、誤解の無い様に言いますが、娯楽映画としての完成度は大変高い作品である事は間違いありません。
従来のスターウォーズファンに対する配慮もされているのと同時に、新規のファンをも楽しめる様に作られているスターウォーズ愛に溢れた作品です。
ここまでの作品を作り上げるのに製作陣は並々ならぬ苦労を伴ったであろう事は想像に難くないし、更に言えば、JJ・エイブラムスと言う人が、これほど迄に凄腕な監督なのだと言う事を初めて知りました。
それ程迄にしっかり作られた「フォースの覚醒」なのですが、何故か大きな違和感を拭えない…。
何故なのだろう?
正直、ロジカルに要素を並べていっても違和感の原因がわからなくてモヤモヤして気持ち悪く、ネットで感想を見てみても絶賛意見が大多数で、僕の様に感じている人の意見が見あたらなくて、ともすれば「俺、ひょっとしてマイノリティなのかな?」と自分の感性を疑って不安になってしまう程です。
ややマニア寄りの大ファンを自負している身としては、大多数の絶賛意見に感情が付いていかないのはもどかしくてならないのと同時に辛くてなりません。
そんな訳で、(マイノリティな僕が)感じている違和感の原因を自分なりに見つけ出そうと言う作業を行い、僕なりにひとつの結論に達しました。

上手なコピーバンドを見ている様。
これが僕の辿り着いた違和感の正体を分かりやすく例えた言葉です。
ビートルズでもいいしローリング・ストーンズでもいいのですが、カリスマ的、或いは伝説的バンドがあります。
ここでは便宜的にビートルズを挙げましょう。
今やオリジナルのビートルズを実際に見聞きすることは出来ない訳ですが、そのオリジナルのビートルズを大変高い次元でコピーするバンドがあるとしましょう。
って言うか、実際にあるのですけどね。(笑)
ヴォーカルであればポールやジョンの声質や歌い方がソックリで、楽器演奏に於いても、リフや音色など、あわや「本物のビートルズなのか?」と思わせる程の完成度を誇るバンドがあったとします。
更には容姿も似ていて、ともすればオリジナルよりも演奏が上手かったりしてね。(笑)
仮にビートラズとでもしておきましょうか。
で、そのビートラズが新曲をビートルズとしてリリースした場合、リスナーはそれを「ビートルズとして受け入れる事が出来るのだろうか?」と言う疑問が生じます。
まぁ、勿論これは大変極端な例ではあるのですが、今回「フォースの覚醒」で感じた違和感って、ひょっとしてこう言う事なんじゃないかって思えるのです。

じゃあ、なんで「反乱者たち」には違和感を感じないのか?って事なんですが、こここそが最も大切な部分であり、今回僕が感じた違和感の核心に他なりません。
先ず、スターウォーズと言う映画がどう言うものなのかと言うザックリした定義をすると、ジョージ・ルーカスの頭の中の妄想を具現化したファンタジー映画な訳です。
ジョージ・ルーカスの頭の中に端を発する以上、良くも悪くもジョージ・ルーカスが作り出したものは正解だと言うのが僕の見解です。
又、スターウォーズと言う映画は世界観を楽しむ映画だと個人的には思っています。
もちろんストーリーも好きではあるのですが、とは言え、ジョージ・ルーカスが作劇に長けている人かと言えば決してそんな事は無く、寧ろその逆ではないかとさえ思えてしまいます。
これを言っちゃぁお終いでもあるのですが、スターウォーズはそんなに濃い、或いは巧みなストーリーが存在する訳ではありません。
では何故これほどまでにスターウォーズが支持されているのでしょう?
それは、その世界観の圧倒的な素晴らしさにあると言っても過言ではないと個人的には強く感じています。
薄いと感じるストーリーも、その圧倒的な世界観を構築する上に於いての重要なファクターとして明確な機能を担っている訳です。
確かにジョージは作劇はあまり上手じゃないかもしれない。
でも、世界観の構築の仕方に於いては他の追随を許さない程の天才的な能力を発揮する人でもあります。
事実、エピソード4でその圧倒的な世界観を遺憾なく世間に知らしめ、そして僕らはその世界観にドップリと漬ったまま現在に至るのですから。(笑)
後のエピソード5、6が傑作となり得た所以はジョージが広げた大風呂敷の材料を使って作劇の上手な人が料理したからに他なりません。
更に言えば、続編の実質的な脚本を他人に任せる事で、世界観が独りよがりになってしまう事も上手に回避できます。
つまり、何はともあれ先ず最初に巨大な風呂敷を広げる作業だけはジョージがやらなければならない訳です。
少なくともスターウォーズと言う作品に於いては。
で、その後の料理に関してはジョージ以外の人がやった方がよかったりもする訳です。(笑)
旧三部作はこの構図が実に巧妙に作用したが故に、後年までに残る傑作となり得たのだと思います。
これらを鑑みると、僕が「反乱者たち」を観て楽しいと感じる理由も自ずと導き出す事ができます。
要するに、上述した事に全てはまっていて、つまり、「反乱者たち」も、基本的にジョージが展開した世界を上手なライターが発展させているが故であると言う事が簡単に理解できる訳です。
なにせ、「反乱者たち」は、ほぼエピソード4に近い時代の話です。
まさにジョージの頭の中から生まれた世界観の中の物語なのですから。

余談ではありますが、新三部作を受け入れにくいと言う人の多くは、おそらく、作品の持つ、その強烈な迄の押し付けがましさにあるのではないでしょうか?
どう言う訳か新三部作に関しては、三作全てをジョージ・ルーカスが監督を務めたが故に、残念ながら極めて独善的な作品になってしまったのも事実だと思います。
もし新三部作に於いても旧三部作の様なスタンスで製作に携わっていたならば、又、世間の評価は全く違ったものになったのではないかと思えてなりません。
が、まぁ、僕自身は新三部作もかなり好きなので、いいっちゃいいのですけどね。


さて、では話しを「フォースの覚醒」に移しましょう。
しつこい様ですが、今回は全くジョージ・ルーカスは製作に携わっていません。
つまり、風呂敷を広げる作業をジョージ以外の人が行います。
それ自体は全然いいと思うんですよ。
何せ、今までとは違う会社が行う、新しい時代の新しいスターウォーズなのだし、誰かが新しい風呂敷を広げなければならないのですから。
ところが、です。
厳密に言えば誰も風呂敷を広げて無いんですよね。
何故か?
でも、これは何となく理解できない訳でもありません。
何せ誰もが期待する世界的な超大作、製作側は絶対に失敗は許されない状況だと言うのが大前提にあります。
そんな中、下手な風呂敷を広げて大コケするなんて言語道断。
仮に生みの親であるならば、極めて強気に「これが正しいんだ!」って言い張る事もできましょうが、如何せんフォースの覚醒の製作にスターウォーズの生みの親は不在です。
生みの親が関わってない以上、無闇に強気に出ることも出来にくいと言うジレンマもある訳で、そうなると、取り急ぎ過去のファクターを上手に使うのが安全だし確実です。
よく言えば実績至上主義。
悪く言えば焼き直しってヤツです。
つまり、誰も怖がって風呂敷を広げたがらなかったと言うのが本音なんじゃないでしょうか?
少なくとも僕にはそう感じられてなりません。
意地悪な言い方をすれば、過去にジョージ・ルーカスが広げた風呂敷の中の破片を集めてひとつの世界を構築するしか方法論が無かった様にすら思えるのです。
近年の、極めて独善的ではあったものの作りたい作品を作ったジョージ・ルーカスの新三部作とは違い、かくあるべきものを作る、或いは作らざるを得ないと言うスタンスで作られた今作は、同じ「スターウォーズ」と言う体をとりながらも本質が全く違うものであると、少なくとも僕には、スクリーンに映る「フォースの覚醒」からはそう感じられました。
勿論超一流のプロフェッショナル集団がやっている事なので、例えそれが破片の組み合わせであったとしても、見事な迄の巧妙さ故、作品の体としては十分にスターウォーズを保っているし、「これはスターウォーズだ!」と言っても決して間違いではありません。
そう、決して間違いではないし、ましてや悪くもない。
寧ろ、よくぞここまでピースをつなぎ合わせたものだと関心すらしてしまいます。
でも、やっぱり何か違う。

僕が思うに…と言う話なのですが…。
新しい時代の新しい物語を作る以上、新しい世界観を構築する必要があります。
何故ならば、そうでなければ物語に必然性を感じ難いからです。
そして、その新しい世界観を構築するには確固たるビジョンを持った人間が必要です。
で、その「確固たるビジョンを持った人間」なのですが、これは残念ながらジョージ・ルーカスしかいないんですよね。
おそらくは世界でたった一人。
何故ならばスターウォーズはジョージ・ルーカスの頭の中の妄想を具現化したファンタジー映画だから。
今作も、せめて風呂敷を広げるところまで」はジョージ・ルーカスに任せていればよかったのではないかと思えてならないのです。
当初高を括っていたジョージ・ルーカスと言うスターウォーズの生みの親が、図らずとも、僕にとっては思った以上に大きな存在だったと言う事を思い知らされた訳です。

勿論、三部作の一作目ですので、今後の展開如何によっては今持っている印象がガラリと変わると言う可能性は十分ある訳ですから、今の段階で作品の評価をするのは尚早なのですけどね。
ともあれ、今度はディズニーが育ての親として、後世に残るスターウォーズ作品を世に放ってくれれば、いちファンとしては嬉しい限りではあります。
今後も大いに期待しながら作品のリリースを待とうとは思っています。


さて、今年はスターウォーズのスピンオフ映画である「ローグ・ワン」が公開されます。
僕的には本編よりも寧ろこちらの方にワクワクしてしまってます。
何せ、時代がエピソード4当時である以上、まさに生粋のスターウォーズユニバースの物語がスクリーンで展開する訳です。
今日(こんにち)の技術でエピソード4の世界観が再現されるなんて、燃えない方がおかしいってものです。
更に言えば、ヘイデン君がベイダー卿として登場するなんて噂もあるしね。
正直、今から楽しみで仕方ありません。
その後もディズニー版スターウォーズのスピンオフ作品が後を控えていて、エピソード8と9の間にはボバ・フェットが主人公の作品も発表されているし、なんだかんだで豪華ですよね。
そう考えると、ディズニーがスターウォーズを作る事になって大正解なのかもしれないね!!


どうでもいいけど、「フォースの覚醒」を観たあと、自宅でスターウォーズ六部作を、通して2回観ました。
年に1度は通してスターウォーズを観る様にしているので、今年は既にノルマ達成です。(笑)








スポンサードリンク


<<ピックアップ!スターウォーズフィギュア LEGOタイファイタースターウォーズフィギュアが好き!のトップへ本日購入したスターウォーズフィギュア ヴィザム>>

コメント一覧

    • 1. isa
    • 2016年01月16日 14:30
    • 上手なコピーバンドを見ている様。

      まさしくその通りだと思います

      EP4公開当時のその衝撃と、様々を進化させた今の時代での今回の公開は比べるのは難しいとは思うんだけど

      ルーカスの手を離れた時点で別物として見るもののようなきがします。

      この手法なら枠組みさえ残せばこの先スカイウォーカー一族から離れてEP100まで作ったっていいんだもんねw



    • 2. オーガナ(管理人)
    • 2016年01月16日 14:51
    • isa様。
      コメント有難う御座います。

      あくまでも感性の問題なので、或いは(と言うか大多数?)今回のフォースの覚醒が猛烈に心に突き刺さる人もいるはずだとは思います。

      が、残念ながら僕は、多分isaさんも、そうはならなかった訳で…。
      実際、自分で感想を書いていて、ファンとしては虚しく感じるところも多々あるのですが、僕らにとっては今作に心の琴線を震わされる事が無かった事も事実なので受け入れるしかないんでしょうね。

      でも、スピンオフには大いに期待していいと思いますよ!
      ディズニースターウォーズの真価はスピンオフにありかも?

    • 3. KP
    • 2016年01月19日 20:15
    • 5 オーガナ様

      おひさしぶりです。
      まさか復活されてるとは思いませんでした。

      次回のスピンオフは激熱ですよね!
    • 4. オーガナ(管理人)
    • 2016年01月19日 21:28
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      お久しぶりです。
      結局元の鞘でブログを復活させる事になりました。
      今後とも宜しくお願い致します。

      さて、今度のスピンオフですが、もう、猛烈に期待しています。
      個人的には、ディズニーには、ずっとスピンオフだけを作り続けて欲しいとさえ思っている次第です。(笑)
    • 5. KP
    • 2016年01月19日 22:46
    • 5 オーガナさん

      今回の映画も常にアストロメクドロイドを追いかけてました。
      沢山出てきました。

      スピンオフは間違いなく出まくりますよ。
      楽しみです。

      コレクションもかなり増えました。
      またお見せしたいですね。
    • 6. オーガナ(管理人)
    • 2016年01月19日 23:02
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      是非是非又見せてください!
      又、KPさんの投稿記事をやらせてください。
    • 7. KP
    • 2016年01月20日 00:19
    • 5 オーガナさん

      ありがとうございます。
      リペイントアストロメクは現時点で57体です。一時、カトゥーンネットワしゃクのクローンウォーズからヒントを得ていましたが、終わってしまったので、テレビシリーズのクローンウォーズに登場した、ドロイドの再現をしていました。
      今年は年賀状用の写真も撮影しました。

      少し前はイウォークリペにもチャレンジしました。是非、オーガナさんに評価をいただきたいですね。

      写真の投稿の仕方忘れてしまいました。
      またレクチャーして下さい!(笑)
    • 8. オーガナ(管理人)
    • 2016年01月20日 00:26
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      さすがKPさん。
      暫くご無沙汰だった間にも、ちゃくちゃくとリペイントが進んでおられる様で、相変わらずのアストロメクドロイド愛がヒシヒシと伝わってきます。

      もし、僕のメアドを覚えてらっしゃいましたら、メールにて画像を添付して頂ければと思います。
      又、頂いた画像をそのまま記事に投稿しても宜しいと言う事であれば、同メールに画像の説明を頂ければ、直ぐにでも投稿させて頂きます。

      宜しくお願い致します。
    • 9. KP
    • 2016年01月20日 00:45
    • 5 オーガナさん

      教えていただいた、オーガナさんのデータは前のガラケと共に旅立ちました。
      逆に空メールでも入れていただけると助かります。
      宜しくお願いします。
    • 10. オーガナ(管理人)
    • 2016年01月20日 12:32
    • KP様。
      コメント有難う御座います。

      了解しました。
      では、後ほどメールさせて頂きます。
    • 11. グランドモフ安達
    • 2016年01月23日 16:49
    • 自分も見てきましたが、うーんといった感じでした…。
      僕の最大の不満点は、登場惑星に魅力が感じられなかった事です。
      ジャクーはタトゥイーンじゃダメだったのかな…って思ってしまったし、スターキラー基地もかつてのホスとかだったら面白いのになって思ったし、登場が唐突で最期もちょっと呆気ない気もしました。
      ルーカスも言ってましたけど、惑星に新鮮味を感じなかったんですよね。かつての主人公が二人ともそうだったように、敢えて始まりを砂漠の惑星にしたんでしょうけど、名前だけ変えて舞台を新しくするよりも、見慣れた惑星を出した方がファンは喜ぶと思うんです。
      此間の反乱者たちでムスタファーが出てきたときは、凄く興奮してしまったし(笑)
    • 12. オーガナ(管理人)
    • 2016年01月23日 18:48
    • グランドモフ安達様。
      コメント有難う御座います。

      そうそう!
      ルーカスって、惑星…と言うか、環境を表現するのが凄く上手だったんですよね。
      僕もグランドモフ安達さんと一緒で、ジャクーはタトゥイーンでいいと思うし、違う惑星にした割には新鮮味は感じません。
      又、登場が唐突な割りに呆気ないと言うのも同感です。
      もう少し、環境(舞台)に説得力が欲しい様に思います。

      反乱者たち、面白いですよね!
      僕もこの間の展開は燃えました。
      個人的には反乱者たちの方がよっぽどスターウォーズしてる感じがします。
      ランドが出てきたべスピンの回も楽しかったしね!


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ブログ管理人オーガナ
ツイッター
ツイッターをやってます。
ブログの更新情報をつぶやいたりしてます。
別館 スターウォーズプラモを作ろう!
最新記事
最新コメント