レビュー

トリン・ファーです。

トリン・ファー01




帝国の逆襲にて、惑星ホスのエコー基地の作戦室で通信係をやっていたオネーチャンです。
旧3部作は、帝国軍、反乱軍共に女性兵士の登場は少ないので、当然女性一般兵のスターウォーズフィギュアも少ない訳で、そう考えると、トリンのスターウォーズフィギュア化に若干の新鮮さを感じてしまいます。

因みに、このフィギュアは2014年のブラックシリーズの日本版です。


続きを読む

レビュー

ボム・ヴィムディンです。

ボム・ヴィムディン01




新たなる希望にて、カンティーナで飲んだくれているエイリアンの一人です。
実はカンティーナのシーンの初っ端で登場しているボム君なのですが、ウナット・ポールがど真ん中でアップになる為に全然目立ちません。
最初のシーンの奥の一番右端にいるのがボム・ヴィムディン君です。
真っ黒なお目々が特徴的です。

因みに、このフィギュアは2010年のヴィンテージシリーズの海外版で日本未発売です。


続きを読む

レビュー

ヴィザムです。

ヴィザム01




ジェダイの帰還にて、ジャバのセイルバージの甲板からルークたちを狙っていたヤツです。
ニクトと呼ばれる種族なのですが、ニクトは特に新三部作では割と多く見られるエイリアンに格上げされていたので印象に残っている人も多いのでは?
街はもちろんジェダイにもニクトがいたくらいですからね。

因みに、このフィギュアは2013年のブラックシリーズの日本版です。


続きを読む

レビュー

フォースの覚醒を観てから時間が経過したので、落ち着いた状況で、もう一度感想を書いてみたいと思います。
映画を観た後、そこはかとない違和感を感じてしまったと言うのは前回の記事フォースの覚醒を観た感想 (極力)ネタバレなしでも書いた通りなのですが、今回は、では何故その「違和感」を感じてしまったのかと言う部分にフォーカスして書いてみたいと思います。
又、僕自身がどう言う立ち居地で感想を言うのかと言うのも重要かもしれませんので、やや長めではありますが前置きを書きます事をご了承の程を。


続きを読む

ピックアップ

LEGOタイファイターです。

LEGOタイファイター01




今まではスターウォーズフィギュアのレビューと言うカテゴリーで「本日購入したスターウォーズフィギュア」と言うタイトルで近々に購入したスターウォーズフィギュアのレビュー記事を書いていたのですが、実はそれ以外にも結構な数のスターウォーズフィギュアが我が家にはありまして、「本日購入した」以外のアイテムを「ピックアップ」と言うカテゴリで紹介しようと思い、新たにコーナーを作ることにしました。
ピックアップコーナーはハズブロのスターウォーズフィギュア以外のものも掲載する予定で、その第一弾としてLEGOのタイファイターを選んだ次第です。


続きを読む

レビュー

マウホニックです。

マウホニック01




エピソード1のポッドレーサーとして活躍したマウホニック。
僕の記憶が正しければ、このマウホニックのリリースをもって、劇中で名前を呼ばれたポッドレーサーは全員スターウォーズフィギュアとしてリリースされたんじゃないかな?
と言う事で、ポッドレーサーのフィギュアとしては、一応、一旦のコンプリートと見なしていいんじゃないかと個人的には思っています。

因みに、このフィギュアは2012年のヴィンテージシリーズとディスカバー・ザ・フォースシリーズでリリースされ、共に海外版で日本未発売です。
僕が購入したのはディスカバー・ザ・フォース版ですが、多分、両者とも内容は一緒だと思います。


続きを読む

レビュー

前の記事で書いた通り、2015年12月19日、公開一日後に早速 スターウォーズエピソード7 フォースの覚醒 を観てきました。








一応ネタバレなしで感想を書いていこうと思いますが、描写によってはネタバレになる可能性もあります。
予告映像等でバレている程度の範囲では内容を書くと思いますので「絶対に情報を遮断しておきたい!」と言う人は読まない様にしてくださいね。


続きを読む

コラム

今これを書いているのが2015年12月17日。
つまり明日はスターウォーズエピソード7フォースの覚醒の公開日と言う事になります。






思えば1977年にエピソード4新たなる希望が公開された当初、ジョージ・ルーカス御大の仰るにはスターウォーズは9部作であると言う事でした。
ところが2005年にエピソード3シスの復讐が公開されると御大はシリーズの完結を明言します。
激しく残念に思っていたのですが、ルーカスフィルムがディズニーに買収された為か否か、ここに再びスターウォーズの本編映画が始動した訳です。
そして明日、いよいよ新しいスターウォーズの歴史が我々の目の前にお披露目となった事実は、我々スターウォーズファンにとっては非常に喜ばしい出来事に違いありません。


続きを読む

レビュー

ダース・モールです。

ダース・モール01




新三部作に於いての悪役の最高傑作と言っても過言ではないダース・モール。
ダース・モールのフィギュアはエピソード1当時のものから秀作揃いで、どれをとっても良く出来ています。
シリーズを重ねる毎にクオリティは上がっていき、かなり優秀なフィギュアが多く発売されているのですが、何故か決定版的なフィギュアが発売されていないのも事実です。
今回もご多分に漏れず、かなり優秀なフィギュアであるにも関わらず決定版には今一歩届かぬと言った感じなのですが、その理由は後ほど記事中で書く事にします。

因みに、このフィギュアは2012年のヴィンテージシリーズの海外版で日本未発売です。




続きを読む

レビュー

クワイ=ガン・ジンです。

クワイ=ガン・ジン01




エピソード1で活躍した、オビ=ワン・ケノービの師、クワイ=ガン・ジンです。

フィギュアは過去に発売されたエボルーションパック・ジェダイレガシー3点パックのクワイ=ガンと同じ(だと思う)です。
又、このフィギュアとイオピーをセットにしたものも発売されましたが、確かメールオファーだったと思ったので、何れにしても、単品のフルポのクワイ=ガンが日本で発売される事はありませんでした。
フルポーザブルのクワイ=ガンの発売を待っていた人も多かったと思うのですけどねぇ…。
因みに、このフィギュアは2012年のヴィンテージシリーズの海外版で日本未発売です。


続きを読む
ブログ管理人オーガナ
ツイッター
ツイッターをやってます。
ブログの更新情報をつぶやいたりしてます。
別館 スターウォーズプラモを作ろう!
最新記事
最新コメント