レビュー

これを書いているのは2017年の2月9日。
ローグワンの公開から多少時間も経過したので、僕なりの感想を書いてみようと思います。







ディズニーのスターウォーズ第一作目であるフォースの覚醒が僕の感性とは合わなかったと言うのはフォースの覚醒を観た感想 その2(極力)ネタバレなし(但し超長文)で書いた通りなのですが、フォースの覚醒が思った以上に僕の期待を裏切ってくれたと言う事もあって、正直、今回のローグワンもかなり斜に構えて映画館に向かったと言うのが正直なところだったのですが…。


ところが!


いや、この映画、凄いぞ!?
掛け値無しでそう感じる素晴らしいスターウォーズムービーだった事に、映画を観終わった後、暫くは興奮と驚きを隠すことが出来ませんでした。
とは言え、万人に手放しで薦められるかと言うと残念ながらそうでは無く、この映画を存分に楽しむ為の前提として、過去の作品を深く理解している事が必須となります。
故に、人によっては映画の評価ががガラリと変わってしまう事が否めないのも事実だったりします。

と、まぁ、観る角度によって極端に印象が変わってしまうのではないかと思われるローグワンの感想を書いてみようと思います。


これ以降はネタバレを含みます


ので、映画を未だ観ていないと言う方は読み薦めるのを控えて下さいね。


続きを読む

コラム

2016年12月27日、キャリー・フィッシャー氏が60年の生涯を閉じられました。
8月にケニー・ベイカー氏が亡くなったばかりだと言うのに、又してもスターウォーズの主要キャストのひとりが旅立ってしまい、僕らスターウォーズファンにとっては実に残念なニュースが続いてしまい、寂しい限りです。
まだ60歳と言う若さなのに…。


続きを読む

レビュー

レイア・オーガナ(フォースの覚醒)です。

レイア・オーガナ(フォースの覚醒)01




ハンに続き、レイアもブラックシリーズでリリースされました。。
フィギュアは劇後半、即ち、レイたちがスターキラー基地から帰還した時のドレス姿で、勿論フルポーザブルです。


※このフィギュアは2015年のブラックシリーズの日本版です。


続きを読む

レビュー

ハン・ソロ(フォースの覚醒)です。

ハン・ソロ(フォースの覚醒)01




やっとこさリリースされた我らがハン・ソロ。
今回はフォースの覚醒シリーズでは無く、ブラックシリーズとしてフルポーザブルでリリースされました。
やったね!
やっぱりフルポはテンションが上がります。


※このフィギュアは2015年のブラックシリーズの日本版です。


続きを読む

ピックアップ

ミーコのスターウォーズのレコード。

ミーコのスターウォーズレコード




正確にはMECOと言うアメリカのミュージシャンが手掛けたディスコ風アレンジのスターウォーズの楽曲で"Star Wars & Other Galactic Funk Soundtrack"と言うタイトルのアルバムです。

1978年、スターウォーズ(その頃はまだ新たなる希望と言うサブタイトルは無い)が公開された当時、その圧倒的な世界観に、小学生だった僕は尋常ならざる衝撃を食らってしまい、すっかり頭の中がスターウォーズ一色になってしまったと言うお話しは、当ブログのコラムで何回か書いているのでご存知の方もいらっしゃると思います。
空前のスターウォーズブームが巻き起こった当時、数々のグッズも雨後の筍の如く発売され、当然、僕も色々と手に入れ(勿論、親に買ってもらって)持っていたのですが、残念ながら今現在、当時購入した物で手元にあるものは極めて少なく、数える程度しかなくなってしまいました。
そんな数少ない当時のスターウォーズの思い出の品の中のひとつが上の写真、即ち、ミーコのスターウォーズのレコードです。
何を隠そう、僕が初めて買ったスターウォーズのレコードはこれなのです。


続きを読む

コラム

2016年8月13日、R2-D2を演じたケニー・ベイカー氏が81年の生涯の幕を閉じられました。
言わずと知れたスターウォーズの世界観を作り上げた立役者の中ひとりであり、スターウォーズユニバースのヒーローの一人です。
僕個人としては、ケニー・ベイカーやアンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、ワーウィック・デイヴィス、更にフランク・オズと言った、着ぐるみで演技をする俳優に対しては、一般の俳優に対してとは少し違った思い入れがあったりします。
基本、顔も声も(3POのアンソニー・ダニエルズやヨーダのフランク・オズは声での演技がありますが)露出する事の無い彼らは、当然、一般俳優と比べれば知名度が低くなりがちなのは否めません。
俳優としてのスポットはあたりにくい存在なのですが、彼らの様に確かな技術に裏づけされた演者がガッチリと脇を固めていたからこそ、スターウォーズの世界は、これ程迄にふくよかに奥行きのあるものとなったのだと感じずにはいられないからです。


続きを読む

レビュー

PZ-4COです。

PZ-4CO01




フォースの覚醒劇中、レイア将軍率いるレジスタンス基地の作戦室にいるドロイドです。
その容姿からして3POと同じプロトコルドロイドと思われます。
かなりインパクトのあるデザインなので印象に残っているドロイドなのですが、デザインの奇抜さとは裏腹に、あんまり活躍はしてないですね。(笑)
因みに、このフィギュアは2015年のフォースの覚醒シリーズの日本版です。


続きを読む

レビュー

ストームトルーパー2です。

ストームトルーパー201




フォースの覚醒から登場する敵軍隊、ファーストオーダーに属するストームトルーパーで、正式(?)にはファーストオーダーストームトルーパーと言うのが正解らしいのですが、商品名がストームトルーパー2だったので、ブログのタイトルもストームトルーパー2にしました。
ちなみに、なぜ「2」なのかと言うと、どうやら付属品の違いによってナンバリングされているらしく、フィギュア本体は同じで付属品違いと言う商品が存在する様です。

因みに、このフィギュアは2015年のフォースの覚醒シリーズの日本版です。




続きを読む

レビュー

カイロ・レンです。

カイロ・レン01




フォースの覚醒から登場する新たなる敵役と言う事で、ファンの期待を一身に受けて鳴り物入りでデビューしたカイロ・レン。
劇場公開も終了したと言う事なので、多少のネタバレを含みつつフィギュアのレビューをしてみたいと思います。
因みに、このフィギュアは2015年のフォースの覚醒シリーズの日本版です。


続きを読む

レビュー

トリン・ファーです。

トリン・ファー01




帝国の逆襲にて、惑星ホスのエコー基地の作戦室で通信係をやっていたオネーチャンです。
旧3部作は、帝国軍、反乱軍共に女性兵士の登場は少ないので、当然女性一般兵のスターウォーズフィギュアも少ない訳で、そう考えると、トリンのスターウォーズフィギュア化に若干の新鮮さを感じてしまいます。

因みに、このフィギュアは2014年のブラックシリーズの日本版です。


続きを読む
ブログ管理人オーガナ
ツイッター
ツイッターをやってます。
ブログの更新情報をつぶやいたりしてます。
別館 スターウォーズプラモを作ろう!
最新記事
最新コメント